moise_theodor / Pixabay

ブログ運営 ライター活動

ブログ・サイト(HP)作るときに「制作者のキャラクター(個性)」は絶対必須だと思ってる

投稿日:

一応補足だけど、SEOに関する知識はもちろん重要だと思ってるし、使えるなら使った方が良いとは思ってるよ。

でも「それしかない記事」に何の魅力も無いってこと。

だって今の時代、だいたいの情報だったら検索で簡単に見つけられるわけなのに、今からキーワード意識して「SEOに強いサイト作るぞー」って始めても既存記事に勝てるわけないでしょう。
 

じゃあどうやって新しい価値を作るかっていうと、やっぱり「書き手の個性」だと思うんよね。

「サイトの管理人はこういうキャラクターで、このサイトではこんな情報を提供してくれる。」
ってことが、書かなくても認知されてるようなサイトはやっぱり強いと思う。

なぜ「総資産たった10万円台のポートフォリオ」に興味が湧くのか

rawpixel / Pixabay

しらす日誌では仮想通貨で得た資産を公開している。

でもご存知の通り俺の仮想通貨総資産は10万あるかどうかぐらいしかない。

でも他の仮想通貨ブロガーでは何百万、何千万、あるいは億っていう金額を投資してる人もいるわけで、それでもこのポートフォリオが気になるってことは「しらす日誌の進捗が見たいから」っていう理由もあるわけなんよ。

そうじゃなかったらこんな小さな額、参考にならないだろうからね。。

てことはしらす日誌でも「このサイトはこんなことしている」っていうような認知度もある程度は浸透しつつあるだろうから、自分自身、今後も進捗記事をしっかり制作していきたいと考えている。

そしてこの進捗は俺が投資してるものだから金額の数値や投資の運用は自分で考えたものであって「オリジナル」なわけだ。だからこそ「他と被る」こともないし、何より自分のこと書けてるから記事制作が楽しいという。笑

そもそも「コンテンツ制作会社が書く記事」って需要あんの??

ちなみに俺は以前も記事に書いたんだけど、某コンテンツ制作会社から記事制作の依頼が毎週来ている。

「しらす名義」ではないし、報酬を貰っている身なので会社名は伏せておくけど、ここ最近フリーランスに要求する内容がどんどんエスカレートしてきてるのね。

個人的には「修正」に関しては自分の学びに繋がるからまだ良いんだけど、上のTweetにも書いた通り、外注にまで画像添付を要求したりするのは流石にちょっとおかしい気がしてきた。契約時にそういった話一切なかったしね。

ただ、まぁ内部の人と話すこともあるんだけど、人が少なくなってるのは知ってるし、売上とか結構大変なんだろうな〜っていうのは肌感覚で分かるから、全力で否定することも出来ないんでけどな。。

記事制作を任される題材は結構いろいろあって、歯科関係だったり転職、就職関係、教育関係など幅広い。
ちなみに俺はこの中だったら確かに転職関連は取り組んだことあるからイメージは分かるけど、バリバリの文系だから歯科関係とかマジでわからん。

言い換えると制作会社側の人手が足りないから、そんな素人に記事を書かせてるってわけだ。こんなの内容の濃い記事なんて書けるわけないよね。
  

ある意味、内部の事情がわかったからこそ、ブロガー(仮想通貨だけに限らず)って可能性に満ち溢れてると思う。
 
好きなこと、得意分野を高いモチベーションで書く記事と、興味のないこと、読み手でなく「会社ウケ」を狙った文章を惰性で書かされた記事、どっちが需要あるかって話よ。

読み手が楽しい、興味深いと思えるのは断然前者だと俺は思うけどね。
 
と、いうことで、近いうちにライターは自分の好きなこと、勉強したいこと、得意なことに特化した形に出来るように、今から色々動こうと思ってる。
そしてもちろん、しらす日誌は自分の中でも思い入れのあるサイトだから、どんどん拡大していこうと思ってるよ。

「SEOを意識しない日」があっても良いじゃないか

jill111 / Pixabay

少し話は逸れたけど、業者とブロガーの明確な違いは「個性のあるなし」だと思ってる。
だから時にはSEOなんて意識せずに、自分の思うことをガンガン書くことに徹しても良いんじゃないかな。

「美味しい目玉焼きを食べました」

「朝から食べたい目玉焼きのすごいレシピ10選」

では、全く違います。

・・・しかし、あなたの書きたい記事はどっちでしょうか?

「美味しい目玉焼きを食べました」と普段の何気ない日常で感じたことを書きたいのではないでしょうか。

もしそうであれば、その記事に対してアクセスや収益が伴わなかったとしても、無視してください。

その記事は、アクセスや収益では測れないからです。

普段の何気ない日常で感じたことはアクセスや収益と切り離そう!記事の役割分担のススメから引用

クロネさんのこの文章に尽きると思う。

アクセスや収益に測れない記事こそがコンテンツ制作会社よりも魅力的に書ける秘訣だろうな。
フリーランスのウェブライターのような業者の一員として動いてるからこそ「自分の思いが込められた記事」が重要だと思ってるよ。

ご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからも毎週月曜日+αで投稿していきますので、何卒宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しらす

アラサーのフリーターで現在転職活動中。非正規雇用で資産を築くには少額でも投資を続けていくことが大事と考え仮想通貨の投資を始める。
ライターとして活動していた経験から「ブログ×仮想通貨×仕事」を中心としたテーマで小魚(社会的弱者)の生存戦略を綴っていく。

-ブログ運営, ライター活動

Copyright© しらす日誌@フリーターの仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved.