picjumbo_com / Pixabay

ブログ運営

【妄想】もし女性ライターにブログ制作を手伝ってもらったら

投稿日:2018年2月11日 更新日:

前回記事で書いたが、ライター業務をするようになってまとまった報酬が入るようになった。

そして更にアフィリエイト報酬も頂けるようになったため、就活していくことが目的で、毎月の貯金も5000円程度しか出来ないしらす日誌を始めてからは想像出来ないほどのJPYが入ることになった。
 
 
ただ、だからと言って今のバイトを辞めるほどの資金があるわけでは勿論ない。
どうせJPYとして貰えても使うアテも無いし、仮想通貨に全額ぶっこもうかと思っていた。

しかしせっかくの報酬を全額仮想通貨に入れるのもなぁ、どーせみんなやってることだし、メリットそこまで大きくないんじゃないか。。。と思い、「報酬を全部仮想通貨に投資する」というのにも少しためらいを感じていた。
 
 
そんな感じで、なんか良い投資先はないかなーとだらだらツイッターを見てる時に、とある騒動を見かける。

それを見て何でか知らんけど「これだ!!!」と思った。

今日は仮想通貨はあんまり関係ない、しらすが新しく始めてみようか考えてる企画について。

今回今までで1番長い記事だから、目次も用意しといた。笑

「サイトの書き手騒動」を見て感じたこと

StockSnap / Pixabay


最近Twitterなど色んなところでブログの「書き手」に関して議論されていることを見かける。

確かに凄い好きなブロガーさんの書き手が突然変わっていたらやっぱりショックな人は多いだろう。
あとは女性ブロガーの中の人がオッサンだったら嫌だとか、JK17が女子高生じゃなかったら嫌だとか←

そんな感じで、中の人について揉めているツイートを見かけることがあった。

俺は中の人がどうであれあまり興味はなく、良い情報を伝わりやすい形で伝えてくれているならそれで素晴らしいと思っている。
ただ、それだけ「書き手」ってのは人の心を動かせるんだってことを今回の騒動で感じた。
 

それなら「最初から中の人を立ち上げてた」らどうだろう。
 

これから何か1つ新しいサイトを作って、記事のタイトルとプラットフォームだけこっちで用意して、ライターさんにはその題材で好き勝手書いてもらう…。
ただ中の人の書き手の内容に共感してもらうのが大切なので、ライターさんは原則1人とする。。

サイトの展開、アクセス解析に関してはこっちがやるとして、中の人にはお金を払って新たなサイトの記事制作に協力してもらうという感じだ。

中の人の文章に共感して貰えればアクセスは増える。だから中の人のライターさんは自分が共感出来る文章を書ける人、自分が良いなと思った書き手さんを探す。。

というような感じで進めていく。

つまり、コンテンツディレクターとして動いてみるということだ。
 
 
ちなみにしらす日誌(当サイト)ではこの戦略はとらない。
むしろ可能な限り進捗を書きたいので、こっちは外注は使わないようにする。

…と、ここまで完全に妄想で書いているんだが、これが実現出来るのか、ちょっと考えてみたいと思う。

外注サイトの懸念点を考察

PIRO4D / Pixabay

と、熱く語ってしまったので、ここでこういったサイトをする上で気をつけておくべきことなどをまとめてみる。
こういった外注サイトで考えられることをメモ感覚でピックアップする。

仮想通貨ブログはおそらく出来ない

まずはこれだろう。

ライターを募集する際には恐らくクラウドソーシングサイトを使うことになるだろうが、多分仮想通貨ブログが出来るライターはまだまだ少ないと思う。
そして仮に居たとしても、その人がライターとして素敵な方か、予算内で書いてくれる人か、あるいは継続してやってくれるかは謎だ。

それだったらもう少しテーマの幅を広げて、誰でも書ける、いや「誰でも独自目線で語れる」テーマを選ぶべきかなと思ってる。

予算はどれだけで出来るか調べる

サイト作りと言っても、開設者(しらす)とライターさんだけでは時間対効果はあまり良くないだろう。俺はともかく、ライターさんの負担がでかすぎる。

そのため記事案を作る人、記事に合うフリー素材を見つけてくる人、欲を言えばSNSを動かしてくれる人など、何人かの規模でサイトを運営した方が良い。

となると……。やっぱり問題になるのが予算であって。。。
まぁ当然なんだけどさ。笑

ただ、それだけ役割分担しててもクラウドソーシングサイトとかに諸々依頼して全体で月6〜700円ぐらいで出来る気がした。
調査すればするほど意外と相場安いんだなということに気付く。

記事案企画、画像設定などはそういう作業系の仕事が好きな人に依頼してみよう。

で、ライター関係は1文字0.5円でもやってくれる人もいるから、そこに1000文字程度の記事を書いてもらう。

こういう市場に関してあまり知らない人もいるかもしれないので「そんな単価安くしても誰もやってくれないんじゃないか」と思う人も居るだろうが、実はこの単価でやってくれる人はメチャクチャ多い。

だから、その中で1番コミュニケーションを取りやすいライターに依頼してみる。

コンテンツディレクターとして早速始動。各所に制作を依頼してみた

shrikeshmaster / Pixabay

ここまでは妄想したり、軽く市場調査をしただけで考えていたが、せっかく出たアイデアなので、動けるだけ動いてみようと思う。
ここからの情報は実際行動してみて得られたら結果のアウトプットだ。

予算は月1万円として以下の制作陣に色々依頼してみた。

アイデアを考えてくれる人

これは今回はランサーズで探してみた。

特定のジャンルを伝え、その内容で気になることを論じてもらうアンケートを展開。

題材はちょっとここでは控えるが、例えばもし仮想通貨ブログで記事案を考えるのであれば、クラウドソーシングサイトで「仮想通貨で関連で気になることを教えてください」っていうアンケートを依頼する。

そうすると、例えば現コインチェックの今後についてだとか、これから上がるアルトは何かとか、そういう関心ごとをユーザーが書いてくれる。

それでそのアンケートに答えてくれた人には数十円ほどの報酬を与えるっていうもの。

そしたらユーザーが関心を持ってることが分かるから、そこからライターさんが書きやすい記事案を考える(これはしらすの仕事)。

ブログを書いてもらう女性ライターさん

これもクラウドソーシングサイトを使ったが、特定されるとライターさんにも迷惑がかかるのでこれ以上は控えておく。

具体的にはアンケートからまとめた記事案をライターさんに伝え、書けそうかどうかをヒアリング。自分の気持ちで書けそうであればそれを題材として記事を何本か制作してもらう。

現時点で既にライターさんは確定しており、既に何記事か納品、編集済み。
あとはこの記事をプラットフォームが完了したらアップロードしていく

何故ライターを女性にするか

仮想通貨ブログやツイッターを見てると、やっぱり女性が強いんだよな。。たとえ中の人が誰であってもさ。。。笑
JK17とかステータス最強すぎるだろ…←

ってことはサイトのキャラクターを女性にして、女性ライターに書いてもらうのが良いんじゃないかとか思ったわけよ。
そしたら中の人おっさんじゃないよね。笑

だからアイコンとかもどこかでイラストを描いてもらって、それをプロフ画像にしてみよう。ざっと調べたところ5000円〜10000円ほどで出来るみたいだから、これも予算のひとつとして考えておく。

著作権フリーの画像を見つけてくれる人

これは現状、ランサーズを活用。

その記事のキーワードになりそうなものを提示して、それに合う著作権フリーの画像を探してもらう。
先着でフリー画像をピックアップしてもらい、一定人数の回答が得られたら終了。

で。これも実はやってみていて、約5記事分の画像のピックアップが終了した。これで300円。1記事60円ペースだ。

プロフィール画像を描いてくれる絵師さん

これはまだ手が付けられてない。

女性キャラの方が受けそうだけどバリバリの萌えキャラとかにすると女性の閲覧者に影響が出そうだから、男女どちらにでも好感を持ってもらいそうな女の子のプロフィール画像を描いてくれる人を探す。どんなのがいいだろうか。

これもまたクラウドソーシングサイトを使うことになると思う。
プロじゃなくても綺麗な絵を描いてくれる人は今たくさんいるからね。

予算は上の方に書いた通り5000円〜10000円。予算オーバーになりそうなら翌月分を前借りして、翌月は記事の数を減らしてリカバリーしていく計画。

そして縁があればしらす日誌のプロフ画像も描いてもらおう。
そろそろいらすとやのしらすは見飽きたわ←

【2/14追記】絵師さん見つかるw

絵師さん見つかって、わずか2日でプロフィール画像が完成した。早すぎるw

制作費は制作料2000円+著作権譲渡2500円の4500円。
5000円を予算としてたので結構安く行けたかも。
ただしらすの画像も依頼したら、人間のアイコンじゃないので専門外だった←

しらすアイコンの絵師さんも見つかるw

とはいえ絵師さんに依頼する旨味を知ってしまったので、ついでにしらすの画像も動物を描くのが得意な絵師さん探し出してしまう。
素敵なデザインだったらこっちの絵師さんはしらす日誌で紹介するかも!

参考しらすの新アイコンについての記事はこちら

これらを踏まえてしらすがやること

・まずはWordPressでサイトを立ち上げて最低限動かせるサイトを作る

・ライターさんのご意見のヒアリング、記事がかけるかどうかのディスカッション

・ライターさんに書いてもらった記事を検索でヒットするようなタイトルに変えて格納

・記事アップロード後のアクセス解析。それを踏まえた記事の修正など

・アイデア出しをしてくれた情報から記事案作成
 
 
大きく分けてこの5つかなー。

軌道に乗ったらアクセス解析と記事案制作ぐらいで済むから、結構時間も節約できるんじゃない?

コンテンツディレクターのキャッシュポイント

これは当面はアドセンス関連の広告収入かなぁと。
しらす日誌動かすようになって人の流れがある程度見えてきたから、それが他サイトでどこまで活かせるかも知りたい。

あとは純広告ってのも狙ってる。
意外と面白い市場みたいで、バナーを一定期間掲載し続けるって契約。1週間や1ヶ月のようなスパンもある。

そして月単位で費用を支払ってもらうという形だ。
読み手と広告主と自分のニーズが合致すればむしろやるべきだし、良いものがあれば挑戦していきたい。

アクセスが入るようになったら値段を決めて外注サイトでやってみよう。

当面は黒字に出来ないかもしれないけど毎月の予算はそんなに掛からないから半年後ぐらいに黒字に変えられるようになればと思ってる。
まぁライター業務で収入が入るようになったから出来ることだな。苦笑

あとがき

こうやって戦略練ってて思ったんだが、まじでプロジェクトみたいになってきたなぁと。

そしてこれは実は転職活動していて色んな会社と面接するようになって、企業の面接官から仕事内容を伺いまくって思い付いたアイデアでもある。
業者は1つの記事を作るにあたって作業をかなり細かく分担しているみたい。それを今回は個人規模で活かせればと思って考えた案だ。

今までだったらこの騒動も「ふーん」で終わっちゃうからね💦
なんだかんだで就活が活きて来てるんだなーと最近感じつつある。

具体的なサイトについてはどこまで触れられるか分からないけど、可能な限り進捗も伝えられるようにするぞ。
参考になるかは分からんが良かったら参考にしてみてください。笑

まぁ、目標はライターさんの意見もしっかり聞きつつ仲良くするのと、赤字にならないことかね…笑

ご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからも毎週月曜日+αで投稿していきますので、何卒宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しらす

アラサーのフリーターで現在転職活動中。非正規雇用で資産を築くには少額でも投資を続けていくことが大事と考え仮想通貨の投資を始める。
ライターとして活動していた経験から「ブログ×仮想通貨×仕事」を中心としたテーマで小魚(社会的弱者)の生存戦略を綴っていく。

-ブログ運営

Copyright© しらす日誌@フリーターの仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved.