jplenio / Pixabay

仮想通貨

ブロックチェーンの活用は時期尚早だった? 仮想通貨関連の店舗がクローズしていくのを見て思ったこと

投稿日:

仮想通貨ブログを立ち上げてあと数ヶ月で1年ってところまできたんだけど、だいぶ居る人が変わったなぁーっていう印象がある。

そして仮想通貨関連の記事も「次は上がる」「次は下がる」系の内容が多いのもあって、ここ最近は「ふーん」「いやどっちだよw」って思うような内容ばっかりなんだけど、1つ(というか1種類?)だけ、割と凹んだニュースがあったので、ちょろっと紹介。。。

なんか「仮想通貨バー(カフェ)」とかって結構無くなっちゃってない?

こういうやつ。

COINSは休業、nem barに関しては移転準備っていうことで、完全に無くなったわけじゃないみたいだけど、オープンした時は「いよいよ仮想通貨が使われる日が来るのかー!」ってキラキラした目で記事を読んでたのを思い出した。

でも最近はその盛り上がってた雰囲気もすっかり影を潜め、革新的だったプロジェクトが停滞してしまっているように感じることも少なくない。

閉店に至った理由としましてですが、

「まだ時ではない。」

この一言に尽きるのかなと思います・・・

ブロックチェーンという技術自体がまだまだ浸透していない世の中で
仮想通貨という物への関心も低く、時期早々だったのかという思いと、
ホルダー間で繋ぐ仮想通貨コミュニティの提供に限界を感じ、
一時閉店・休業という形を取らせて頂く事となりました。

しかし私はまだ諦めていません!

いつかまた近いうち、仮想通貨という物が認められ、
誰もが気軽にブロックチェーンを利用する日が来たその暁には!
改めてCOINSを復活させ、また皆様と語り合える場を作りたいと考えています。

※お客様に大切なお知らせ※(CRYPTOCURRENCY CAFE&BAR COINS)

最近本当に思うんだけど、新規の層に該当する人たちが仮想通貨を始めない限り、去年みたいな大きな動きはないように感じることもある。
新規が始める理由の多くって「仮想通貨は儲かる」っていう話か「仮想通貨が身近になってきた」っていう話が根っこにあると思うんだよね。

でも、特に後者の点から見ても、こういった店舗の展開の勢いに陰りが出てしまうのは残念だなぁと思ったりする。

前者に至っては、、、価格変動の推移を見たら間違いなく今は該当していないし(とは言え一時的に大口が仕掛けて値段を上げてくる可能性はゼロじゃないけど)、そうなるとどうしても後者頼りになるはずなんだが……
やっぱり店舗運営していないと分からないこともあるんだろうなぁ。。
 
 
個人的には企業面のニュースも大事だけど、仮想通貨に興味を持ち始めるきっかけになるサービスが、どのような形で今後展開されていくのかを気にしてるんだよね。
やっぱり使われるようにならないと、ずっと今みたいなイメージが根強く残ったままになるからなぁ。

というような感じで、当面は相場的には上に行く流れはなさそうなので(大口が介入したりして値段を釣り上げに来たら話は変わるけど)少しずつ現物の投入を増やしていこうかと考えている今日この頃…。
ただ問題は突っ込む時期だよなー!ここに関してはもう少しじっくり考えてみようと思います。。

ご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからも投稿していきますので、何卒宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しらす

アラサーのフリーターで現在転職活動中。非正規雇用で資産を築くには少額でも投資を続けていくことが大事と考え仮想通貨の投資を始める。
ライターとして活動していた経験から「ブログ×仮想通貨×仕事」を中心としたテーマで小魚(社会的弱者)の生存戦略を綴っていく。

-仮想通貨

Copyright© しらす日誌@フリーターの仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved.