typographyimages / Pixabay

Coincheck(コインチェック) ビットコインFX 仮想通貨 仮想通貨の取引所 資産報告

【しらす日誌3】Zaifの本人確認が間に合わない! しらす日誌初の仮想通貨戦略は…?

投稿日:2017年12月1日 更新日:

しらす日誌、1日目は簡単な自己紹介で2日目は色々考えてZaifのコイン積立を…と進めてきた。
それでしらす日誌3日目ということなんだが…


やばい!27日の決済までにZaifの本人認証が終わらない!w
 

どういうことかというと、Zaif側から送ってくれる本人確認書類がまだ届いてないんだよね。。
まぁもう日にちは27日を過ぎてるわけだから、コイン積立は来月から本格スタートって感じになりそう。
いきなりこんなにハプニングばっかり続いちゃうとはなぁ。笑

まぁ積立に関しては準備が遅かったから仕方ないとして、
27日の引き落としが始まらないとこの投資ゲームは全く進まなくなっちゃうんだよな……。

路線変更。実験的にビットコインFXを始めてみる

ということで、今月だけはちょっと路線を変えて
コインチェックを使ってビットコインのレバレッジ取引を行ってみようかと思う。

調子が良ければ来月からも続けてみよう。なんでもやってみる精神が大事だと思うしね。

積立で使う予定だった証拠金5000円を入れておいて、トレードスタートだ。

で、肝になるところは
「儲かってもそのお金でトレードは(しばらく)しない」ってことらしい。

つまり、証拠金5000円は一定のタイミングまで変えないってこと。

これはちょっと前にこんな記事を読んで実践してみようと思ったことだ。

そして膨らむマイナスの含み益を見ながら、どんどん証拠金を投入。
10万追加、10万追加、10万追加と、どんどんどんどん・・・

はい、これ、絶対に行っては行けません。
例えば証拠金10万で始めたら、証拠金を増やさずに、ロスカされてからまた始めて行けば、ここまで損失は増えません。

先月77万も勝ったのだから損切ればよかったものの、過去にショートで大きな含み損が助かった経験があり、いつか落ちるでしょうと楽観。

そこである記事を思い出しました。

「人間の心理的に利食いは早く、損切りは遅くなる」と。
利益が減る方が恐怖感を感じ、損には慣れてしまう心理があるそうです。まさに自分がそうでした。

頭の隅にその言葉はあったものの、証拠金も豊富に有り、含み損に慣れてしまった自分がいました。

仮想通貨FXで失敗して大損したお話(体験談)

なるほど。お金を持ちすぎると、それによって判断が狂わされることも出てくるみたいだな。
つまり証拠金も含めて大きな金額で投資を続けると、いつかくる大損が補填できなくなるとのこと。

自分も動作確認のため色々とやってみたけど、プラスが増えたらそのお金も使ってトレードして複利の形で回していこうと思ったんだが、、損失のデカさが想像以上だったから取り返しが全くつけられなくなった。。

そのため証拠金は一定の段階になるまで(ウォレットにある程度貯まるまで)5000円で固定していこうと思う。

トレードの方法はどうする?

方法はドシンプルに「下がったらロングで熟成」でいく予定。
せっかくなんだからショートも面白そうなんだけど、もしショートをするのなら「さすがにもう上がらないだろう」と思った局面か、もみ合ってる状態か、BCHが買われるようになったらなどの「理由がある時のみ」実践していこうかと。


上がってる時こそ売りのチャンス。
下がってる時こそ買いのチャンス。

これを忘れず忠実に取り組んでいきたいと思う。
 
 
それじゃ!

ご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからも毎週月曜日+αで投稿していきますので、何卒宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しらす

アラサーのフリーターで現在転職活動中。非正規雇用で資産を築くには少額でも投資を続けていくことが大事と考え仮想通貨の投資を始める。
ライターとして活動していた経験から「ブログ×仮想通貨×仕事」を中心としたテーマで小魚(社会的弱者)の生存戦略を綴っていく。

-Coincheck(コインチェック), ビットコインFX, 仮想通貨, 仮想通貨の取引所, 資産報告

Copyright© しらす日誌@フリーターの仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved.