EivindPedersen / Pixabay

ビットコインFX 資産報告

【5月4週の仮想通貨進捗】モナコイン(MONA)とテザー(USDT)2つのコインの動向をチェック中……

投稿日:2018年5月21日 更新日:

さてさて、この1週間は先週よりも伸び悩みが深刻になった結果になった。
自分としては先週で一番大きかったトピックとしてはモナコインの件かなって思ってる。

この一件が相場全体に悲観的な要素を織り込ませた印象が強いけれど、実際はどうなのか。
時事的なニュースと自分の進捗をまとめながら書き進めてみる。

参考今までの総資産の進捗はこちらでチェック

5月4週の仮想通貨進捗、やってみたこと

(5/14)132103円→(5/21)125603円

トータルで見るとマイナス6500円

全体的には下落。イーサリアムの保有比率が微増した感じかな。
あとはXEMXRPは相変わらず保有を続けて、BTCはFXでやらかして微減w

まぁマイナスって言っても0.001ぐらいだけどな。。
でも早速FX難しすぎだろって心折れてるw

ま、とりあえず狙えそうなところでちょこちょこエントリーはしてみようとは思うけど、多分センスは微妙だと思うからゆるい感じで取り組むことにするw(取り組むんかーい)

スポンサーリンク

モナコイン事件を改めて振り返る

今回の攻撃は、金額の被害額としては、さほど大きくありません。
コインチェック社で起きたNEMの盗難のほうが金額的には遥かにインパクトがあります。
しかし、今回の事件の深刻性は「はじめてブロックチェーンが、大多数の参加者の合意をなく書き換えられた事例」と言っても差し支えないといえるところにあります。

参考 暗号通貨史上で最も大きいブロックチェーンへの攻撃について。モナコインでの事件の重要性。

自分が仮想通貨を始めた時に「ブロックチェーンは大多数の合意がなければ書き換えができない」ってのをなんとなく知ってたぐらいだったんだけど、その仕組みを見て納得できた部分もあって、実際に仮想通貨を始めてみたわけなんよね。
ところがそれが今回、書き換えられちゃった。っていう結果に。

平野さんのこの記事では、いずれこの部分の対策も講じられるだろうとされてるけれど、とりあえず直近の相場の動きは一時的にこういう部分でもマイナスになってたみたい。
長期的なスパンでは確かに仮想通貨が今後いろんなユーザーに使ってもらう上では解決は欠かせない部分ではあると思うけど、、、果たして今後の展望はどのようになるのか…。っていう感じだね。

普段コインの価格が下がったら買い増しをするわけだけど、今回のモナコインの買い増しはまだ検討中。
Zaif積立分は変わらず続けてるけど、モナコイン側での対策がどのように取られるかで判断していこうかなと思ってる。

今週の注目はTetherテザーに関する内容

これは色んな人が注目してるんじゃないかな。
BTCの価格が90万円を切った時点で反発し、そのタイミングとUSDT発行日時が近いってこと。

テザーに関しての騒動は本当にことあるごとに起きてて、結局どうなのかうやむやな状態で終わる。

BTC価格上がる→テザーってまじで大丈夫なん?→価格下がる

ってのがワンセットになってる気がしてたぐらいだw
いずれにせよ、この報道に関してはちょっと進展が知りたいな。
 
 

てな感じでちょっとだけ円も確保したい気持ちも無きにしも非ず…。
今日1日は上目線な感じがしたし、このまま上に行くのかどうか…苦笑。

ご覧頂きありがとうございましたm(_ _)m

最後までご覧頂きありがとうございました。
この投稿に少しでも共感して頂けましたらTwitterのフォローやブログランキングのクリックを頂けば嬉しいです。
これからも毎週月曜日+αで投稿していきますので、何卒宜しくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

しらす

アラサーのフリーターで現在転職活動中。非正規雇用で資産を築くには少額でも投資を続けていくことが大事と考え仮想通貨の投資を始める。
ライターとして活動していた経験から「ブログ×仮想通貨×仕事」を中心としたテーマで小魚(社会的弱者)の生存戦略を綴っていく。

-ビットコインFX, 資産報告

Copyright© しらす日誌@フリーターの仮想通貨 , 2018 All Rights Reserved.